コスメ

乾燥肌のためのおすすめ化粧水/なぜ保湿が必要なの?

冬の空気は乾燥しています。そのため普段保湿に重点をおいていないスキンケアをしている人は、いつもと同じスキンケアだと肌が乾燥し、肌の中の水分が減ってきて肌触りが悪くなり、放置するとさらに悪化し、粉がふいたり、肌荒れになったり、痛くなったり痒くなったりします。

今回は、化粧水の選び方と乾燥肌にオススメの化粧水を紹介していきます。また、紹介する化粧水の中で保湿以外にも効果があるものは、その効果についても紹介していくので、肌に合った化粧水を見つけてください。

なぜ保湿効果のある化粧水が重要なのか

乾燥肌を放置するとどうなる?

乾燥肌を放置すると乾燥が悪化するだけでなく、さまざまな肌トラブルを引き起こします。

乾燥すると肌を守るために角質が固くなり、シワを引き起こす原因になります。

乾燥肌は肌のバリア機能が低下している状態なので、少しの刺激でも痛みやかゆみを引き起こし敏感肌にもなります。
また、肌のバリア機能が低下すると化学物質やアレルゲンに反応しやすくなり、アレルギーになったり、細菌が入りやすくなり、皮膚炎になってしまうこともあります。

他にも湿疹になったり、肌が赤くなったりすることもあるので保湿が重要です。

脂性肌やニキビ肌に保湿効果のある化粧水は必要?

ニキビはできなさそうと思う人もいるかもしれませんが、乾燥肌が原因でニキビになることもあります。

脂性肌の人が「保湿をするとニキビができる」というような情報がありますが、脂性肌と乾燥肌は真逆ではありません。脂性肌は「油分」が多いこと、乾燥肌は「水分」が少ないことなので脂性肌でも乾燥肌の人はいます。

脂性肌やニキビ肌でも乾燥している場合は保湿が必要です。

保湿効果のある化粧水に含まれている成分

セラミド

セラミドは人の肌の水分の80%を保持するくらい保湿効果が高く、保湿成分の中で最も保湿効果がある保湿成分です。

しかし、セラミドは高価なのでプチプラ化粧水にはあまり含まれていません。

ヒアルロン酸

粘着性があり、セラミドと比べると肌なじみが悪いですが、保湿効果は十分期待できます。

価格も安いのでプチプラ化粧水にも含まれています。

ヒアルロン酸には2種類あり、「ヒアルロン酸Na」と「アセチルヒアルロン酸Na」があります。

ほとんどの化粧水にはヒアルロン酸Naが使われていますが、アセチルヒアルロン酸Naはヒアルロン酸Naの2倍の保湿効果があります。

コラーゲン

コラーゲンも保湿効果がありますが、化粧水が直接届くのは角質層までです。コラーゲンは真皮に存在するものなので化粧水から直接取り入れることはできませんが、化粧水を使ってコラーゲンの生成を補助することはできます。

コラーゲンの生成を補助する成分により「ビタミンC誘導体」があります。

ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を補助するだけでなくニキビの改善にも効果があります。

乾燥肌の化粧水の選び方

保湿成分が多く含まれている化粧水を選ぶk

先ほど紹介したセラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体以外の保湿成分は名前だけ紹介します。

・天然保湿因子
・大豆レシチン
・ステアリン酸コレステロール
・スフィンゴ脂質
・エラスチン
・ぺパリン類似物資
・グリセリン
・植物油
・鉱物油
・動物油
・流動パラフィン

これらはセラミド、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体よりは保湿効果がありませんが、上の方に紹介されてある成分がより保湿効果が期待できます。

低刺激のものを選ぶ

完走している時は肌のバリア機能が低下していて少しの刺激でも反応が起こりやすいので、できるだけ低刺激の化粧水を選びましょう。

無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリー、界面活性剤フリーの5つのうち書かれている数が多いほど低刺激です。

保湿以外の効果も見る

ほとんどの化粧水はある程度の保湿効果はあります。重度の肌荒れじゃない限りは保湿専用や乾燥肌専用の化粧水を使わなくても大丈夫です。ほかの肌トラブルに困っている場合は、そちらを優先して化粧水を選んでも大丈夫です。

ただし、ニキビ専用の化粧水は保湿成分が少ない場合があるので、成分をきちんと確認しましょう。

乾燥肌におすすめの化粧水と一緒に使うとよい商品

イミュ ナチュリエ ハトムギ化粧水

https://item.rakuten.co.jp/champion-drug/10001214/

ニキビに効果があり、プチプラで大容量と有名でアットコスメ1位に選ばれて売上も1500万本を突破した人気の化粧水です。ニキビに対する効果が有名ですが、保湿効果もあります。
界面活性剤フリー、無香料で刺激が少ないです。

ボトルのキャップのかわりに霧吹きをを取り付けて吹きかけたりすると、使いやすいです。ハトムギパックもおすすめです。

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

https://item.rakuten.co.jp/beautyhousehonnpo/000072/

大容量でコスパも比較的よく効果もしっかり現れます。ここでは敏感肌用の高保湿タイプを紹介していますが、敏感肌用の高保湿タイプでなくても効果は十分ですので、もっと安く買うこともできます。最近はファミマでも売られていて、手に入りやすいです。

ロート製薬 白潤

https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/e538357h/

保湿化粧水ではなく美白化粧水ですが、保湿効果は十分です。ビタミンC誘導体が含まれており、保湿、ニキビ、美白効果があります。プチプラで詰め替えのあります。

私は乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌でニキビ跡もあるので、保湿、ニキビ、ニキビ跡改善を目的に使っています。

ロート製薬 極潤

https://item.rakuten.co.jp/rakuten24/a003223385511/

白潤よりも保湿力が高く、スーパーヒアルロン酸が配合されています。白潤より少し高いですが、とにかく保湿力が高いので、普通の化粧水だと保湿力がたりないという人におすすめです。今回おすすめする化粧水で最も保湿効果が高く、コスパも良いです。

FANCEL エンリッチ化粧水Ⅱしっとり

https://item.rakuten.co.jp/fancl-shop/3762-21/

とろみのあるテクスチャーで、適応型コラーゲンが配合されていて、保湿効果があり、肌に弾力が出ます。上の4つと比べると値段が高いですが、プチプラで2000円以下でドラッグストアに売っているので購入しやすいです。

まとめ

乾燥肌が悪化すると痒い痛いのみでなく、見た目にもあらわれてしまいます。ここまで悪化すると化粧すらできなくなってしまいます。乾燥を防ぐためにはとにかく保湿をすること大切です。

紹介した5つの化粧水以外にもプチプラで保湿効果がある良い化粧水がたくさんあるので自分の肌に合った化粧水を探しに行ってみてください。どれがいいのか迷った場合はコスメカウンターで相談してみると自分に合った化粧水をおすすめしてくれます。