コスメ

使いやすいおすすめのパウダーチークとは?顔に合わせた塗り方をご紹介

メイク初心者はチークの塗る位置に迷ったり、チークの濃さをうまく調節できなかったり、左右非対称になってしまうなどチークを上手に使えない人が多いです。

チークを塗らないでメイクをするのもありですが、顔にコンプレックスが多い人はチークを使うことでコンプレックスを隠すことができます。

パウダーチークはチークの中で1番使いやすく、上達しやすいのでメイク初心者におすすめです。

今回はパウダーチークの塗り方や選び方、パウダーチークのおすすめを紹介していきます。

なぜパウダーチークが重要なのか

メイク初心者がチークを使うと、チークを左右対称に塗れなかったり、左右でチークの濃さが違ったり、チークが濃すぎたり逆に薄すぎて塗っているのかわからなかったりなど意外とチークに関する悩みは多いです。

しかし、キレイに塗れないからとチークを塗らないと顔色が悪く見えます。

また、チークを塗ると周りのニキビ跡などの赤みが少し隠れるのでチークを塗るメリットは大きいです。

パウダーチークはクリームチークやリキッドチークに比べて、初心者でもきれいに塗りやすく、パウダーチークは定番なので上手に使いこなせると便利です。

チークは塗る位置や濃さによって、顔を小さく見せたり、顔の印象を大きく変えることができるので、チークを使いこなせるようになるというのはメイクをする上で重要です。

パウダーチークの使い方と塗る位置

パウダーチークの使い方

チークブラシですが、付属のチークブラシでも大丈夫です。

ブラシの毛が密集しているブラシは濃いめに色づき、ふわっとしているブラシはナチュラルになります。

チークブラシにパウダーチークをとります。薄い場合は2度塗りするなど後から調節しやすいですが、濃いと調節が難しいので慣れていない人は少なめにとりましょう。

頬に円を書くように塗るか、平行や斜めにチークを入れる場合は顔の中心から外に向かって塗ります。

チークを塗った部分の縁を指でぼかして馴染ませます。

塗ってみて少し濃ければ全体を指でぼかすようにするか、それでも濃い場合はパウダーで隠しましょう。

チークの塗る位置

顔の形に適したチークの位置

丸顔

広範囲に丸くチークを入れるともっと丸く見えるので、頬の中心より少し外側の位置に少し斜めに入れると顔全体のバランスがとれるのでおすすめです。

面長

頬の中心に平行に入れると顔が短く見えます。

逆三角形型

顔の形がシャープなので、頬全体に丸く広めにチークを入れることで顔全体のバランスがとれます。

なりたい顔に合わせたチークの塗る位置

かわいい顔

頬の高い位置に小さい丸を書くように入れるとかわいい顔に見えます。

涙袋の少し下に目の幅よりも少し広めに薄めにチークを入れるのも良いです。濃く入れると不自然なので注意しましょう。丸顔の人に特にオススメです。

キレイな顔

顔の中心(鼻の横)から平行にチークを入れるとキレイな印象になります。

大人っぽい顔

頬の中心より少し低めの位置から斜めに入れるとシャープで大人っぽい印象になります。

小顔

頬の高めの位置から横に平行か少し斜めに長くチークを入れるのがおすすめです。

パウダーチークの選び方

自分の肌の色に合う色を選ぶ

自分の肌にあった色を選ぶとチーク浮いて似合わないという失敗がありません。

イエベの人は黄色っぽいカラー、ブルベの人は青みがかったカラーがおすすめです。

テスターを使う、口コミを見る

テスターを使って色味や、テクスチャー、ぼかしやすさなどを確認しましょう。

色味は中身を見るのと実際に塗ったあとでは全然違うこともあるのでテスターを使わないと買ってから後悔することになります

デパコスの場合やコスメカウンターがある場合は実際に頬に塗ってもらうのも良いです。

アットコスメなどの口コミも見ましょう。

プチプラのチークでも良いものがある

デパコスは質はよく、プチプラには口コミが悪いものが一定数ありますが、デパコスには基本当たりはずれはありません。

しかし、プチプラのチークは安いから品質が悪いというわけではなく、プチプラでも良いものはたくさんあります。

むしろ、メイク初心者は自分に合ったメイクを探すのに最初はいろいろなメイクをためすことが多いので、プチプラをオススメします。

パウダーチークのおすすめ選

セザンヌ ナチュラルチークN

チークを持っていない人は一番最初にこのチークを買うべきだと思います。

360円と値段が安く、ドラッグストアなどどこにでも売っていて購入しやすいのと、カラーバリエーションが豊富なので、自分に合った色を見つけることができます。

ブラシもついていて、発色がよく落ちにくいのでおすすめです。

キャンメイク パウダーチークス

カラーバリエーションが豊富で、ブラシがついていて、発色がよく落ちにくいのでおすすめです。

ドラッグストアで置かれていることもありますが、ないところもあるので購入のしやすさと、プチプラですが値段がセザンヌより高いので2番目におすすめしました。

ジルスチュアート ルースブラッシュ

ジルスチュアートの新作チークです。

デパコスなので値段は高めですが、パッケージがすごくかわいいです。インスタ映えします。

発色がよく落ちにくいですし、ブラシがふわふわで塗っている時の感触も気持ちいいです。

ジルスチュアート ミックスブラッシュコンタクト

上に紹介しているチークと同じブランドで、パッケージがかわいいのでインスタばえします。

ブラシの先を自分で調節できるので、ナチュラルにしたり、しっかり色をつけたり自分の好きなように仕上げられます。

4色入っているのでこれ一つでいろんな仕上がりにできます。

エチュードハウス ラブリークッキーブラッシャー

パッケージがかわいいです。

ブラシで塗るタイプではなく、パフで塗るタイプなので、慣れていない人にはあまりオススメしません。

慣れている人には、発色がよく落ちにくいのでおすすめです。値段もプチプラなので買いやすいです。

まとめ

パウダーチークは塗りやすいので、チークに慣れていない人はパウダーチークを使ってみてください。

セザンヌやキャンメイク、エチュードハウスのチークのようにプチプラでも十分よいものがたくさんあります。

デパコスだとインスタばえしたり、質感を調整できるものなど特徴がある商品が多いです。

買う時は忘れずに口コミの確認とテスターを使用してみてください。

ぜひ、いろいろなチークを試して自分に合うチークを探してみてください。