家電・PC

コスパ最高/フットマッサージャーおすすめ5選

一日立ち仕事をすると足がパンパンになりますよね。できれば、足もみ(リフレクソロジー)のお店に行ってしっかりほぐしてもらいたいものですが、毎日通う時間もお金もないものです。

そんな人にぴったりなのが、フットマッサージャーです。とくに最近の商品は質が高く、
ローラーや振動だけではなく、エアーマッサージ機能もついています。下手な「人間」よりはるかに気持ち良くほぐしてくれます。

自宅で使えるのに、まるでプロがもんでいるような質の高いフットマッサージャーをご紹介します。

フットマッサージャーが人気沸騰中の理由

フットマッサージャーのメリットは、マッサージチェアよりも格段に安価なことです。マッサージチェアなら10万~30万円の相場価格です。しかし、フットマッサージャーなら安い機種なら5000円前後、かなり高機能な機種でも5万円以内で購入できます。

過去には、フットマッサージャーといえば、足裏だけを刺激するシンプルなローラータイプのものが多かったようです。しかし、近年では、エアーマッサージ機能や、温感(ヒーター)機能がついたタイプのフットマッサージャーが増えています。足裏だけではなく、アキレス腱、ふくらはぎ、太ももなど、下半身の広い範囲をほぐすことができます。

高機能なフットマッサージャーを使って下半身の疲れをすっかり癒やすことができるため、コストパフォーマンスを考える方に人気が高い健康家電になっていますね。

マッサージチェアよりも効果的って本当?

一日の仕事の疲労をとるには、従来の高額なマッサージチェアよりフットマッサージャーのほうが効果的といえる理由があります。

マッサージチェアは背中や首をゴリゴリもみほぐすものが一般的です。しかし、上半身の筋肉はあまり強くないので、強もみすると簡単にもみ返しになってしまいます。スポーツ選手などは上半身をプロにも触らせないという人もいるほどです。

マッサージチェアの場合、その場では、強めの圧が気持ちよいので、ついやりすぎてしまいます。気がつくと、首がだるくなったり、肩がかえって凝る結果になるので注意しなければなりませんね。

しかし、フットマッサージの場合は、傷みやすい上半身の筋肉に直接触れるのではなく、足の反射区を経由して身体をほぐすことができます。首のコリや背中の痛みも足からほぐすほうが安全で効果が高いんですよ!また、下半身にある脚部は血流が滞ることが多いため、足をもみほぐすことで全身の血流がよくなります。全身をマッサージするよりも、リラックスが長続きするのがフットマッサージのよいところです。

フットマッサージャーのやり過ぎは危険?

一日の仕事終わりにフットマッサージャーで足の疲れをもみほぐすのはクセになります。メーカーの仕様上は、10分~15分で運転がストップする機能がついている機種が多いですが、気がつくと、何セットもマッサージしてしまうことがあります。フットマッサージのやり過ぎは危険なのでしょうか?

まず、前提として足のマッサージはやり過ぎても基本的に副作用はありません。気持ち良く感じるうちは、マッサージをし続けてもかまいません。

しかし、ローラータイプやもみ玉タイプの機種の場合、強めに足裏を押しつけると足底筋が傷んでしまい、次の日に足裏が痛くなることもあります。あとで痛くなるほど、圧力をかけすぎないように注意しましょう。

また、フットマッサージャーを1日に30分~1時間と長時間使用すると、機械の故障リスクが高まります。安価な商品の場合は、保証期間も短い場合があるので、数ヶ月も持たないで壊れてしまうこともあります。原則的には、メーカーが推奨している頻度・時間を守って使用するのが安全ですね。

フットマッサージャーおすすめ5選

若石RMR足療ローラー 国際若石健康研究会推奨純正品

https://item.rakuten.co.jp/extrabeauty/chika004/?l2-id=pdt_shoplist_title#10000111

日本に足もみ健康法を広めた「若石健康研究会」が推奨する純正商品です。値段も他社と比較するとかなり高額ですが、耐久性やもみ心地に定評があり売れている商品です。治療院でもオススメされる逸品です。シンプルなローラータイプで自宅にいながら反射区療法のプロのもみ心地が味わえます。

大東電機工業 ニューフットウェル 裏振動マッサージ器 MD1800S

https://item.rakuten.co.jp/lazboy-q/999057/

足裏反射区の図が描かれたビニールカバーをかぶせて、狙った反射区に刺激を与えることができます。足裏を乗せるだけのシンプルな機種ですが、1秒間に35.8回転の振動が土踏まずの疲労を一気にほぐしてくれます。アキレス腱やふくらはぎなど、他の箇所も乗せて振動でほぐすことが可能です。

パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレEW-RA98-T

https://item.rakuten.co.jp/jism/4549980048733-23-497-n/

独自開発のヒューマンエアバッグが、人の手のもみ心地を再現しています。足裏だけではなく、太ももやひざまで十分に加圧することができ、脚全体の疲れをとることができます。また、足先はヒーターでじんわり温めることもできます。折りたためるので保管場所がとられないのもメリットです。

スライヴ フットマッサージャー MD-8760

https://item.rakuten.co.jp/a-price/4975287606909/

足先、足裏、ふくらはぎ、太ももを同時にエアーマッサージの力でほぐすことが可能です。足裏には突起がついていて、エアーが入るとまるで土踏まずをぐっと指圧してくれているような感触があります。立ちっぱなしの仕事で下半身がむくんでしまう人にとくにおすすめです。

アルインコ フットインマッサージャー MCR4515

https://item.rakuten.co.jp/a-fitness/mcr4515t/

足をすっぽり入れる形状のフットマッサージャーです。足裏はローラーでしっかりもみほぐし、足全体はエアーマッサージでほぐします。足のかかと部分までは入らないので、足先から土踏まずに圧がかかります。他社の製品と比較しても、値段と質を比較した際のコストパフォーマンスに優れている商品です。

まとめ

仕事に行くと、体力的にも精神的にも疲労することが多い時代です。本当はエステやマッサージで、たまには自分にご褒美をあげたいのですが、いつもは無理ですね。でも、フットマッサージャーがあれば、毎日、リラックスタイムを持つことができます。

疲れて帰ってきても、お風呂に入った後にフットマッサージャーをしながら、読書をしたり、テレビを見たりする時間は至福の時ではないでしょうか。一日ごとに、疲れをしっかりほぐすようにしましょう。毎日のケアが、日々のお仕事を頑張る気持ちを高めてくれますよ!