食品・飲料

集中力には栄養が大事!集中力が高まるおすすめサプリ5選

私は学生時代から集中力の無さに悩んできました。すぐに気が散ってしまうのです。ひとつのことに集中できず、気が付くと別のことに取り組んでいるという有様でした。仕事をするようになってからは、同時並行で多くのことをしなければならないため、優先順位がつけられなくてパニックに陥ることもしばしば。特に、せかされた状態で行う接客などが向いていませんでした。

そんな中で、食事や栄養バランスに注意を向けながら少しずつ集中力を高める工夫を続けてきました。現在では学生時代の悩みはほとんどなくなりました。この記事では、集中力を高める食事や、おすすめのサプリなどをご紹介します。

集中力を高める食事と健康習慣

集中力を高めるためには、食事内容だけではなく食事のとり方なども工夫することが有効です。集中力というのは、平たく言えば「脳を活性化」させることです。そこで、よく噛んでゆっくり食事をする習慣をつけることで、集中力は自然に高まっていきます。急いで食事を食べる習慣のある人は注意が必要です。サンドイッチや、インスタントラーメンなど、ほとんど噛まないで飲み込むような食事も危険です。

食物繊維が豊富な野菜や、焼き魚や貝類など、意識的に食べないと食べづらい食品を積極的に食べるのも良いことです。つまり、食事が脳トレになるようにするとよいのです。最近は、家族がいても一人で食事をする人も増えていますが、できれば食卓で会話しながら食事をすることが脳の集中力を高めることにつながります。これらは食事内容を大きく変えなくてもできることなので、ぜひ実践してほしいですね。

甘いものを食べると集中力が高まる!って本当?

「疲れるとチョコレートを食べると良い」とか、「甘いお菓子は脳に良い」と言われることがあります。実際はどうなのでしょうか。砂糖やご飯に含まれている「糖質」は体内で分解されブドウ糖になります。ブドウ糖は脳の栄養になるため、短期的には、確かに脳の働きが良くなります。しかし、長期的に見ると甘い物で脳を働かせるのは逆効果になることが多いようです。

甘いものを食べると、一気に体内の血中濃度は高血糖(血液に糖が多い状態)になります。そうすると、体はインシュリンを放出して一気に血糖を下げようとします。こうなると今度は体が低血糖になります。低血糖になると、また甘いものが食べたくなります。実はお菓子や清涼飲料水などを飲むと体の中でこのような、ジェットコースターのような状態が生じるのです。気分もイライラしたり、眠たくなったりして、集中力が高まるどころではありません。そこで、集中力を高めるために甘いお菓子を食べよう!というのは、言い訳としては良いのですが、真に受けないほうがよさそうですね。

集中力を高めるのに「ブレインサプリ」は有効か?

今回もこの記事で紹介しているサプリメントの中には、特に脳の働きをよくして集中力を高めるサプリがあります。巷では「ブレインサプリメント」や「スマートドラッグ」と呼ばれることもあるようです。その効果はどれほどあるのでしょうか。

脳の働きには様々な栄養素が関係しています。また、睡眠をとれているかどうかなどは、集中力に直結する生活習慣です。そこで、たった一つの栄養成分を補うことで集中力が飛躍的に高まるというのは、大げさな宣伝文句ということになります。しかし、脳の機能アップに良い栄養素を含むサプリメントというのは現実に存在します。例えば、青魚に含まれるDHAやEPAは、脳を作る良質な油です。食事ではとりづらい栄養素をサプリメントの形で摂るのだと理解していれば「ブレインサプリ」も確かに有効な食品の一つになります。

しかし「ブレインサプリ」だけで飛躍的に集中力が高まることを期待すると、そこまでの効果は生じないことが多いので、現実的な期待をするようにしたいですね。

集中力を高めるサプリおすすめ5選

DHC さえざえ

脳の働きをよくしたい人に人気の6つの成分が含まれた集中力を高めるサプリです。DHA・EPAは青魚に含まれる必須脂肪酸で、脳内に多く含まれることがわかっています。ほかの食材からは、なかなか摂取できないのでサプリでとる価値があります。ギャバは、脳内に含まれるアミノ酸です。卵黄油(レチシン)は細胞膜の材料になる脂質です。1日2粒で、脳の働きをサポートする成分が複合的に含まれているのがポイントです。

QOLサプリ研究所[relap リラップ]ホスファチジルセリン

特に小学生~中学生の子供をお持ちの方に人気の集中力を高めるサプリです。主な成分は、大豆からとられたホスファチジルセリン(PS)を1粒あたり100mg配合していることです。子どもの「そわそわ」「落ち着き」に関係するといわれている成分で、頭の中をクリアにし集中力を高めたい方に注目されています。ラムネタブレットなので、口の中でゆっくり溶かしながら飲んでいきます。かむと苦いので注意してください。大人にもおすすめの集中力を高めるサプリです。

DHCサプリメント「60日DHA」

青魚からとられる必須脂肪酸であるDHAを主成分にしたシンプルなサプリメントです。一時期、魚売り場では「魚を食べると頭が良くなる!」という宣伝が流れていましたが、魚に含まれるオメガ3脂肪酸は集中力を高めたり、クリアにしたりするためには不可欠な栄養素です。しかし、食事からはなかなか摂取することができません。必要量をお魚から取ろうと思えば、マグロのお刺身14人前になってしまいます。毎日、お魚をとることができない方もDHAサプリメントなら摂取しやすいのではないでしょうか。

100%オイルdeオメガ3

脳の健康のためには良質な油を摂取することが不可欠です。油は脳内の細胞膜の原料になるからです。食事からとる油はどうしても、不健康な油(トランス脂肪酸)やオメガ6油が多くなりがちです。そこで、このカプセルは、青魚に含まれるDHAやEPAなどのオメガ3油、および、えごま油、亜麻仁油などの植物性のオメガ3油をカプセルにしています。そのほかにも、マカダミアナッツ油(オメガ7)・オリーブ油(オメガ9)などが含まれており、食事だけではなくサプリメントで良質な油を摂りたい方におすすめです。

キロン SWITCH (スウィッチ) 90カプセル ver.3

キロンは集中力が求められる受験生やビジネスパーソンに愛用されているサプリメントです。なかなか頭が冴えない、朝が弱いという方には重宝されています。主成分はイチョウ葉エキス、高麗人参エキスです。この組み合わせが学習で集中力を使う人のためにふさわしいと言えそうです。さらに、ブレインフードとして話題の大豆からとられたホスファチジルセリンや、バコパモニエラエキスなどを使用しており、日々の学習回路をクリアにしたい方に最適のサプリです。

まとめ

毎日の生活習慣を見直したり、毎日の食べ方や食べるものを吟味したりすることで、私の集中力は飛躍的に高まりました。自分の特性を自分でも理解して、調整することができると良いですね。もちろん、私も集中力を強化するサプリを飲んでいますが、あくまでも、これは食品として、脳に必要な栄養素を補うために活用しています。そのように割り切って、サプリの限界と、サプリの長所を理解して、集中力を高めるサプリを活用することをおすすめします。