食品・飲料

慢性的な便秘におすすめのお茶5選!日常で健康に治す

私の家族の一人は慢性的な便秘で、お腹がぽっこり出てしまっています。便が出ない時は何週間も出なくて、ガスがたまってひどい腹痛に苦しむこともあります。便秘に良いと言われる方法は色々試しているようですが、なかなか解決しない持病のようになっています。

便秘は運動不足や食生活など、様々な原因から生じるため、簡単には解決しません。しかし、今回ご紹介するような便秘を解消するお茶を、毎日習慣的に飲むことで、気がつくと便秘が気にならなくなっているという方もいるようです。評判の良い便秘解消に役立つお茶を集めました。是非、参考になさってください。

放置すると恐い!慢性的な便秘に注意しよう

それほど深刻に考えていない方でも、数日排便が無かったり、ガスがたまりやすかったり、気づかないうちに慢性的な便秘になっていることがあります。特に女性は知らず知らずのうちに便秘が長期化することがあるので注意が必要です。

そのまま放置すると、肌荒れや頭痛・肩こりなど、体に不快な症状が現れるようになります。腸に排泄されない便やガスがたまると毒素(老廃物)は腸から体内に吸収されて、体に蓄積されるようになります。いくら化粧品や美容グッズに凝っていても、体内に毒素をためていれば、健康的な美しさを保てるわけがありません。便秘には水分を多くとることが有効ですが、とりわけ、今回おすすめしているような便秘に効果的なお茶を定期的に飲むことで、慢性的な便秘を自然に解決することができます。

便秘を改善させる生活習慣とは

この記事で紹介しているような便秘を解消するお茶を飲むのも一つの方法ですが、それだけでは根深い便秘は改善しないため、これと併用して生活習慣をすこしずつでも改めていく事が必要です。

朝に水分をたっぷりとる

慢性的な便秘に苦しんでいる方は、腸が動きづらくなっており、従来の排便リズムが崩れてしまっていることが多いようです。そのため、朝(午前)は排便する時間だというのを体に教え込む必要があります。そこで効果的なのが、朝1番に水分を飲んで腸を刺激することです。便秘に効果的なお茶を飲用するとさらに効果が増すでしょう。

食物繊維をしっかりとる

便秘を改善するためには食物繊維をしっかり食事からとる必要があります。特に、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく食べるようにしましょう。水溶性食物繊維はネバネバ食品のオクラや果物などに含まれています。腸内でゆっくり移動するため血糖値の急上昇を防ぎ、腸内の老廃物をしっかり根こそぎ排泄してくれます。不溶性の食物繊維には玄米や根菜類などが含まれ、腸内で水分を吸収し、便のかさ(材料)となります。どちらの食物繊維も必要なので、バランスよく摂取することが必要です。

便秘薬(下剤)はかえって危険!

慢性的な便秘になると、便秘薬(下剤)を使いたくなる可能性がありますが、常用すると副作用もあるので注意しなければなりません。便秘薬(下剤)を使って排便することに腸が慣れてしまうと、腸は自ら排便する能力を落としてしまい機能低下してしまいます。その結果、便秘薬(下剤)無しでは排便できなくなることもあるので、長期間の使用には注意が必要です。

便秘は単に腸の働きが悪いだけではなく、自律神経がうまく働かない病のひとつです。自律神経は交感神経と副交感神経の切り替えが大切です。便秘の状態は、交感神経が働き過ぎて、副交感神経が抑えられている状態です。便秘薬(下剤)で無理矢理、排便させることが続くと体内のリズムも狂いだし、単に腸だけの問題ではなくなるため、便秘を甘く見てはならないのです。

もし便秘薬(下剤)を使うなら、酸化マグネシウムのように便を軟らかくするものを使うと良いでしょう。この種類のものならば、飲んでもクセになることがありません。しかし、できれば、薬に頼らずに便秘を改善したいですね。そこで、これから紹介する便秘を解消するお茶のように自然な形で排便を促していく食品を生活に加えていくようになさってください。

便秘におすすめのお茶5選

ハーブ健康本舗 モリモリスリム(ほうじ茶風味) (30包)

便秘解消におすすめのお茶として圧倒的な人気を誇る「モリモリスリム」のほうじ茶風味タイプです。通常のお茶と同じようにして飲むことができますが、効き目が強いので時と場所を選んで飲んで下さいね。夜寝る前に飲んで寝ると、翌日の朝から午前中の間に「モリモリ」する人が多いようです。ティーバッグはつけておく時間により、お茶の濃さを変えることができます。しっかりした効き目を求めて、濃いめが良い方は30分前後つけておくことをおすすめします。(最初は薄めにして少しずつ自分にとっての適量を見つけると良いようです。)

国産の手作り どくだみ茶 3g×40包

昔から万病に効く薬草茶として知られてきた「どくだみ茶」は便秘にも効果的です。どくだみ茶の成分であるクエルシトリンは腸のぜん動運動を促し、自然な形で便通を良くする効果があります。また、カリウムやマグネシウムなどのミネラルは便を柔らかくしてくれます。老廃物を排出するデトックス作用と、整腸作用を併せ持つため便秘対策のために奏功する薬草茶なのです。特にがばい農園のどくだみ茶は国産で無農薬なのもおすすめポイントです。

グラフィコ なかったことにするっ茶20包入り

確実な効果があるお茶です。その理由は主要成分として、キャンドルブッシュが含まれていることです。この成分は医薬品として使われているセンナに含まれているセンノシドであり、下剤と同様の効果があります。1日2~3杯を飲み続けると、毎日下剤を飲んでいるようなものなので、だんだんと効果が薄れてきてしまうので飲みすぎは注意しましょう。どうしても便秘を解消したいときなど、スポット的に使用するのが、このお茶の正しい使い方となります。

でるでるW 48包

「なかったことにするっ茶」と同じように下剤様の作用を持つ成分が含まれている便秘解消のためのお茶です。センナ太茎、カッシーア・アラタ(キャンドルブッシュ)が含まれています。飲み過ぎるとお腹を壊すので1~2パック以上飲むのは注意が必要です。しかし、市販の下剤のような即効性はなく、ゆっくりと効くのが特徴です。また、これらの成分に加えてはぶ茶や玄米なども含まれており、通常の健康茶としての一面もあります。このパッケージは「でるでる」が2袋セットになった「W(ダブル)」シリーズです。

サントリー 流々茶 おいしい腸活 お茶 500ml×24本 [機能性表示食品]

ウーロン茶をベースにした味わいで無理なく飲むことができ、しっかり効果も味わうことができる便秘解消のペットボトル茶です。原材料としてイヌリンという水溶性食物繊維が使われています。イヌリンは腸内でゆっくり進み便の材料を作ってくれます。しかも、腸内細菌により分解されたイヌリンは「短鎖脂肪酸」となり、この成分がさらに腸を刺激するため、一石二鳥の便秘解消効果があるというわけです。ペットボトルタイプなので煮だしたりする必要も無く気軽に飲める健康茶です。

まとめ

便秘解消のためのお茶は主成分が何かを確かめつつ選ぶのがポイントです。食物繊維が入っているのか、下剤効果のある成分が入っているのかによって、毎日飲み続けても良いのか、辛いときだけ飲んだら良いのかが変わります。いずれにしてもお茶だけで、完全に便秘は解消されないので、運動や生活習慣、食事の仕方と組み合わせつつ辛い便秘に立ち向かって下さいね。