食品・飲料

過敏性腸症候群(IBS)の必需品!下痢止めのおすすめ厳選5つ

突然、お腹がゴロゴロし出して、じわっと顔に脂汗が浮かんできます。こういう時って本当に辛いものです。毎日、毎日、トイレに行けない状況で下痢になることを考えてみて下さい。このような状況を日々、耐え忍んでいる病に過敏性腸症候群(IBS)があります。私も学生時代から長年に渡り、この疾患による下痢症状と闘ってきました。

時には本当に間に合わなくなることもあるので、今回紹介している下痢止め薬のような備えは必要なものでした。常用はおすすめしませんが、いざという時に役立つ下痢止め薬をご紹介します。

下痢がつらい過敏性腸症候群(IBS)とは?

過敏性腸症候群(IBS)は悩んでいる人が多いのに、あまり治療法が確立されていない病気です。便通症状を恥ずかしく思う場合もあり、病院で明確な診断を受けていない人も少なくありません。

過敏性腸症候群(IBS)と診断される人は、腸に器質的疾患が無いのに下痢や便秘を繰り返したり、ガスがたまったりする状態を経験します。過敏性腸症候群(IBS)は「各駅停車症候群」とも呼ばれ、下痢症状が悪化している人の場合は、通勤電車で各駅で降りてトイレに駆け込むなど、辛い症状に見舞われます。しかし、腸そのものには器質的な問題が無いので「気のせい」ではないかと言われることが多く、患者はよりいっそう思い悩む原因となります。医師は「死に至る病では無いので、気にしすぎないように」とアドバイスすることもありますが、日々、トイレを探して駆け込まなければならない状況はとても過酷なものです。

私も過敏性腸症候群(IBS)の下痢型で悩んでいたため、とにかく、すぐに下痢症状を抑えるための下痢止め薬が必要だと感じていました。

下痢に悩まされる!過敏性腸症候群(IBS)の原因とは?

精神的ストレス

過敏性腸症候群(IBS)の原因ははっきり分かっていませんが、症状を悪化させる因子として精神的なストレスがあげられます。過敏性腸症候群(IBS)で下痢になる人は、とても真面目で繊細な人が多く、対人関係で傷ついたり、過去のことをクヨクヨ悩むことがあります。そのため、安心できる環境である家(ホーム)では症状が出ないのに、緊張したり不安を感じたりすると、とたんに下痢に襲われるなどの症状が出ることがあります。私の場合は、学生時代は通学時に下痢との戦いでしたが、自由な時間に出社できる会社に就職した瞬間、下痢に悩まされる頻度が減りました。

腸内環境の乱れ

とはいえ、過敏性腸症候群(IBS)に悩む人は腸内環境が乱れていることが多いのも一つの原因になっています。暴飲暴食やお酒の飲み過ぎ、タバコ、スナック食品などの食べ過ぎなどが腸に負担をかけていることもあるのです。このような場合、生活習慣を改めることで症状が改善する人もいます。私も過去に、さんざん苦しめられましたが、砂糖や糖質の多い食事を減らすことで、現在は過敏性腸症候群(IBS)の症状をかなりの程度抑えられるようになりました。

下痢止め薬には効果があるの?

過敏性腸症候群(IBS)の人にとって、トイレにすぐにいけない環境というのは拷問のようなものです。ガスがたまったり、お腹がゴロゴロしたりすると、すぐに冷や汗が出てきます。一番辛いのは、やはり快速電車やバスのようにトイレが無い空間です。

下痢止め薬は、腸の動きを一時的に止めることで下痢の辛さを和らげます。「ポリカルボフィルムカルシウム」という薬は腸の水分を吸収し、下痢症状を止めることができるので、いざという時には重宝します。

過敏性腸症候群(IBS)の原因ははっきりしていないため、完治させる薬はありません。そこで、下痢止め薬を使うなら長期間にわたって多用することは避けなければなりません。多くの場合、必要なのはメンタル的なサポートなので、場合によっては心療内科などにかかり精神安定剤・抗うつ剤の処方が適していたり、認知行動療法などの投薬以外のアプローチが有効だったりする場合も少なくないのです。

しかし、私も経験があるので分かりますが、長期的・根本的な解決策と共に、毎日の通勤や仕事でのトイレの苦労をなんとかしないことには生きていけませんので、どうしても必要な時には下痢止め薬を飲むようにするのが良いでしょう。

下痢止め薬おすすめ5選

【第2類医薬品】ストッパ下痢止めEX 12錠

眠くならない下痢止め薬です。下痢止めと言えば「ストッパ」と言われるほど有名ですが、水なしですぐに飲むことができ、即効性がある下痢止め薬です。効き目の理由は、成分のロートエキスが腸の異常収縮を促す神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑えるからです。また、腸内の炎症を抑えて正常化するタンニン酸や、殺菌効果のあるベルベリンなどが含まれており、食あたりによる下痢などにも効果があります。危ないなと思うときに、すぐに飲むことができる手軽さが人気の秘密です。

強ミヤリサン錠 330錠 [指定医薬部外品]

即効性はありませんが、日常的に摂取することで腸内環境を整えていく整腸サプリメントのひとつです。成分として使われているのは酪酸菌です。酪酸菌は天然のバリヤー機能を持ち胃酸で溶かされずに腸内で働く強力な菌です。酪酸菌の働きにより、腸内で善玉菌が増え、悪玉菌が減り、結果として腸内環境が改善されます。下痢体質が数週間で改善してきたという報告もあります。即座に効く下痢止め薬ではありませんが、即効性のある下痢止め薬と併用したい商品です。

【第3類医薬品】センブリS錠 90錠

日本では江戸時代から生薬として使われてきた下痢止め薬として有名なセンブリ末を錠剤にした医薬品です。古来アーユルヴェーダでも使用されてきたことが知られており、副作用の無い下痢止め薬として定評があります。センブリは、膵臓・肝臓・胃の消化酵素の分泌を促すと共に、腸の異常なぜん動運動を抑えるため下痢を止めることが出来ます。即効性はありませんが、予防として飲んだり、日常的に服用したりしても安心な下痢止め薬としておすすめです。

【指定第2類医薬品】トメダインコーワフィルム 6枚

トメダインコーワフィルムは口の中で溶けるフィルムタイプの下痢止め薬です。水が無くてもすぐに飲めるので、通勤電車など危ない状況下で携帯していると安心です。主な成分は、ロペラミド塩酸塩です。ロペラミド塩酸塩は、腸の過剰な運動を抑えると共に、腸内の水分を吸収したり、粘膜からの過剰な水分の分泌を抑えたりするため速やかに下痢を止めることができます。また、シャクヤク末が入っているため腹痛を伴う下痢に対処することも出来ます。

大正製薬 新ビオフェルミンS錠 [指定医薬部外品]

即効性はありませんが、確実に腸内環境を整えていく整腸剤として定評があります。特徴になっているのは、3種類の乳酸菌が配合されていることです。フェーカリス菌と、KS-13(アシドフィルス菌)は小腸で増殖し悪玉菌を駆逐します。G9-1(ビフィズス菌)は健康な人の大腸で発見されたヒト由来の乳酸菌で、特に人体になじみやすい乳酸菌として知られています。3ヶ月以降の乳幼児から使うことが出来、副作用が無いためおすすめの下痢止め薬です。

まとめ

下痢止め薬は、トイレが近くに無くて危ない時でもすぐに効くので助かります。過敏性腸症候群(IBS)の場合は「トイレにすぐに行けない」という不安な気持ちでも症状が悪化するため、下痢止め薬を手元に持っておくことで、いざという時の「お守り」のようになり、これが精神面を安定させるのに役立ちます。

第2類医薬品、第3類医薬品はネット通販でも手軽に買えるので、必要な下痢止め薬を購入しておくのもおすすめですよ!