ガジェット

英語学習におすすめの電子書籍5選!電子書籍はシャープかカシオだけなのか?

英語学習にはネット辞書だけでは不十分です。海外出張やビジネスの現場では電子辞書が未だに手堅い人気です。書き物をする仕事をしている人には辞書が欠かせませんが、数十冊の辞書を買うより、電子辞書のほうが圧倒的に安い!のも見逃せません。インターネット時代ではありますが、電子辞書需要は、徐々に増していると言われています。

この記事では、自分にピッタリの電子辞書を購入するための方法を取り上げました。現在、電子辞書といえば、シャープかカシオの二択状態ですが、選び抜かれたおすすめ商品も参考にして下さいね!

スマホより電子辞書が必要な理由

スマホやタブレット、どこでもインターネットが使える時代ですから、「今さら電子辞書?」という方がいるのも事実です。しかし、ネットにつながっていない「スタンドアロン」という特性を活かした電子辞書なりのメリットがあるのも事実です。

学校などでも使える

現在、多くの学校では授業中(または試験)にスマホなどのネット接続機器を持ち込むことを禁止しています。しかし、ネット接続できない電子辞書は「辞書」扱いとして認めていることが多いようです。当然ですが、辞書を数冊持ち歩くだけでも非常に大変ですが、電子辞書だとカバンに入って、ほとんど重さが無いので学生には非常に人気があります。現在も、ネットショッピング等で、大変売れているのは高校生モデルの電子辞書です。

海外出張やネット環境が無い場所で

もう一つのメリットは、海外出張などネット環境がスムーズでは無い場所でも使えるということです。いつもはグーグル辞書を使って検索していても海外では、すぐにネットにつながらないことも多いでしょう。こういう時には、電子辞書が重宝します。この目的で持ち歩く場合は、充電方法や電池の持ちが良い機種を選ぶと良いでしょう。

ネットに煩わされない

最後に、インターネットにつながっていないゆえのメリットもあるようです。インターネットにつながっていることで、メールチェックをしてしまったり、SNSにアクセスしてしまったり、誘惑となるものが多くなり、調べ物のついでに寄り道してしまうことがあります。意外とそのような時間はちりも積もれば山となるものです。さらに、インターネット上のコンテンツは広告性が高く、本当に知りたい情報にたどり着くまで多くの時間を要することもあります。選び抜かれた辞典・辞書などのコンテンツが搭載されている電子辞書は、時代に情報が多くなればなるほど必要性を増していくものです。

電子辞書を使うと「頭が悪くなる」!は本当か?

電子辞書を積極的に使用する人が多くなっている一方で、いまだに「辞書は紙が良い」という人もいます。特に学校や塾で「紙の辞書を使うように」と言われたという学生は少なくありません。電子辞書を使いすぎることで、考えなくなる危険があると言われます。特に英語学習用に電子辞書を使う方は注意しておかなければならないこともあります。

紙の辞書で英語単語を引く場合には、スペリングを頭の中で反復しながら単語を調べるため、調べれば調べるほど語彙が増えるという長所があります。しかし、電子辞書の場合は、最初の文字を入力するだけで、予測検索されてしまうので、正確なスペリングは記憶しづらいのは事実です。そこで、最初から電子辞書を使うのではなく、ある程度の基礎的な学力を身につけた上で、実践的な場では電子辞書を使用していくという「使い分け」が必要です。

値段の面でも、実務的な面でも電子辞書には大きなメリットがありますので、上手に使えるところは使いつつ、あえて電子辞書を使用しない場面を作るのも学習のコツと言えそうです。

特に英語学習におすすめ!電子辞書

電子辞書の使い方の中でも特におすすめなのが、英語学習用に電子辞書を使うことです。電子辞書は搭載されている辞典が重要です。ビジネスの現場で頻繁に使用する辞典が含まれている電子辞書を購入するようにしましょう。ビジネス英語特化型の辞典や技術英語・医療英語など特殊な語彙が含まれている辞書を搭載したモデルもあります。このような辞書を紙でそろえると非常に高額ですし、持ち歩きできません。まさに、専門職で英語を使いこなす方にとっては、電子辞書は無くてはならないものと言えるでしょう。

さらに、TOIECなどの検定や、英会話などの英語学習に電子辞書は最適です。多くの電子辞書には、発音再生機能がついており、単語の意味や例文だけではなく、耳で聞いて学習することもできます。倍速で音声を聞くことができる機能や、アプリを使用して動画コンテンツなどを参照できる機種などもあり、お気に入りの電子辞書一台を参考辞書として用いつつ、英語学習がはかどる時代になっています。インターネット全盛でも英語学習には辞書が必要なので、これからも英語学習モデルの電子辞書は売れ筋となっていくでしょう!

電子辞書おすすめ5選

カシオ 電子辞書 エクスワード 生活・ビジネスモデル XD-G8000

学生向けではなく、言葉を丁寧に調べながら学びたい大人の教養にピッタリの電子辞書です。手書きで漢字を調べられる機能や、国語辞典も充実しています。日本大百科全書には、俳句などのコンテンツも含まれています。百科事典を参照しながら、日本語の深い味わいを表現するために使用している方も多いようです。英語学習機能も充実しており、専用のアプリと連携し学習のための動画コンテンツなども参照できるようになっています。大人が学びを楽しむための一台と言えそうです。

カシオ 電子辞書 エクスワード 英語強化 コンパクトモデル XD-CV900

比較的、安価ですが英語強化バージョンの電子辞書として人気があります。特に海外出張などネット環境が無いところでは重宝することでしょう。「最新 経済・ビジネス英語2万語辞典」など、ビジネス現場で使用する英語に特化した辞典が数多く入っています。また、両替を行う際の通貨換算機能がついているのも大きな特徴です。持ち運びに便利で、さっと必要な英語を調べたいビジネスパーソン向けの電子辞書です。

カシオ 電子辞書 エクスワード 生活・教養モデル XD-Z6500

大人の教養のために役立つ電子辞書です。特に注目できるのは、大幅に改訂された広辞苑が搭載されていることでしょう。現代の日本語の使われ方を知る点で、10年ぶりの大改訂後のこの時期は、電子辞書の買い時と言えるかもしれません。また、季語辞典なども入っており、俳人には最適の電子辞書との評判が高い一台です。追加のコンテンツを導入したい際は、データカードやCD-ROMなどをUSBケーブルでつないで追加可能なのも良いところですね。

シャープ カラ―電子辞書 Brain 大学生・ビジネスモデル系 PW-SB3-K

大学生・ビジネスパーソン向けの学習に適した電子辞書です。おすすめ5選の中では唯一、シャープの電子辞書となりました。この機種の大きな特徴は、液晶画面を回転させてタブレットのように使える機能です。ディスプレイの視認性がよく、見やすく、使いやすいのはシャープの電子辞書ならではと言えるでしょう。このバージョンから生活系のコンテンツはかなり減り、英語学習者にうれしい辞書などが追加されています。特に、英語系コンテンツを重視される方におすすめの電子辞書です。

カシオ エクスワード XD-Zシリーズ 電子辞書XD-Z20000

高機能・高価格な電子辞書といえば、カシオのXD-Z20000でしょう。最新の広辞苑や、英語辞書の最新バージョンが含まれています。すべて紙でそろえようと思えば50万円以上する圧倒的なコンテンツ量が、この機種の大きな特徴です。それゆえ、この辞書で調べて出てこないような語彙は「一般的」ではないと判断できるでしょう。バージョンアップでキータッチがスピーディーに行えるようになり、いっそう操作性が良くなったのもおすすめポイントです。

まとめ

語学学習用なのか、一般教養向けなのか、使う用途や目的によって、中に搭載されている辞典などをよく選ぶ必要があります。自分にベストの機種を見つけたら、電子辞書を買って後悔することは無いでしょう。紙で辞書をそろえることを考えると、圧倒的なコストパフォーマンスです。ネット検索は便利なようで不便、多すぎるコンテンツから情報を見つけ出す労力を考えると、この時代にも高機能な電子辞書を持っていると、人生がもっと豊かになりそうですね!