ガジェット

健康管理に役立つスマートウォッチおすすめ5選

時間の確認もスマホがあれば十分となり腕時計をする人も減っていますが、スマートウォッチなんて要らないと思っていませんか?

スマートウォッチは時間を確認するだけでなく、スマホと連動することでマルチガシェットマシンになるのです。

なかでも健康管理に役立つスマートウォッチは、若い人だけでなく老若男女付けておいて損はないアイテムとなります。

そこで今回はデザイン性も重視して付けておくとカッコ良い健康管理に役立つスマートウォッチを紹介していきます。

健康管理に役立つスマートウォッチの選び方

機能で選ぶ

健康管理に役立つスマートウォッチとなると、まず心拍測定機能は付いていますが、それ以外にも血圧計測定機能や、歩数計、睡眠時間測定機能などモデルによってさまざまな機能が付帯されています。

スマートウォッチのなかには低価格で購入できる安価なものもありますが、その場合ほとんどの機能はありません。

どうせなら長く使い続けてしっかり健康管理していきたいので、自分にとって必要な機能があれば便利か考えて考えて選ぶようにしましょう。

バッテリー容量で選ぶ

ワイヤレスイヤホンなどでも同様ですが、意外と忘れがちになってしまうのが充電。充電を忘れてしまうとまったく使い物にならない代物になってしまいますからね。

几帳面な方で家にいたらすぐに充電をするようなタイプなら良いですが、うっかり充電を忘れがちな人の場合は、大容量バッテリーを搭載しておいて、数日間充電無しでも使い続けられるモデルを選びましょう。

機能性によって違いはありますが、100mAhくらいの容量があるとだいたい3~4日間使い続けられるくらいを目安に考えれば大丈夫です。

デザインで選ぶ

国内外さまざまなメーカーからスマートウィッチは出ていることで、デザインも多様化しています。ベルトのデザインも含めてお気に入りのデザインのものを使えば長く使い続けることができるでしょう。

まず決めておきたいのはスクエア型、丸形などの時計盤の形はどれがタイプか、そして腕時計タイプだけでなくブレスレット型もあります。カラーも一般的な時計以上にカラフルなので自分に合ったカラーを選びたいですね。

健康管理に役立つスマートウォッチおすすめの使い方

やはり健康管理には日ごろのエクササイズは重要。ただ、なかなか歩くだけだと苦痛に感じて3日坊主で終わってしまいがちですよね。

ただ歩くだけでなくスマートウォッチならbluetooth経由でスマホの音楽を聴け、リモコン変わりにもなるので、スマホはカバンにしまったままでも曲を変えたりボリュームを操作できるのでとても便利です。

特にスポーツジムなどでエクササイズするときは、近くにスマホを置いておいてもスマートウォッチで操作ができるので、スマホを壊してしまうリスクもなくなります。

また、心拍数の測定や血圧測定など後々で数値の動きを見たい時は、腕ではなく足首に付けるのも意外とおすすめです。

足首ならまったく邪魔には感じませんし、腕以上に安定した正確な数値が検知されます。

健康管理に役立つスマートウォッチおすすめ5選

itDEAL スマートウォッチ

実質価格4,000円ほどながら、心拍測定機能はもちろん血圧測定、歩数計、睡眠自動モニター、座り過ぎでアラームが鳴るなど健康管理に活かせる機能が満載のスマートウォッチです。

なかでも女性にとって、生理周期管理機能付きなので、妊活中の方などは有効的に使いこなすことができるでしょう。

Fitbit Charge3 フィットネストラッカー

オバマ前大統領も愛用していることでも話題になったスマートウォッチです。

多機能の中でも特に、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間を自動で記録できる睡眠ステージ機能など多彩な自動睡眠記録機能を搭載しており、健康の基本である快眠管理に役立ちます。

また、付けていてクールに映えるスタイリッシュなデザイン性も秀逸です。

TOMTOM Touch フィットネス トラッカー

スマートウォッチとしては珍しく体組成計を内蔵しており、ワンタッチで脂肪や筋肉量を測定できます。

そのためダイエット中の人など細かく脂肪量などを計測したい人はもちろん、心拍計と連動させて体組成計を使えば、より効果的なエクササイズプログラムを計画できます。

WearPai スマートウォッチ

カラーバリエーションが計6色あるので、パートナーや家族と色分けしてみんなで使えるスマートウォッチです。

機能面で特筆すべきは、血中酸素です。特に長距離マラソンなど血中酸素量を気にしたいエクササイズをしている人にとっては便利に使いこなせます。

付けていて邪魔にならないスマートなデザインもおしゃれです。

Fitbit ionic

大型カラーモニター画面を搭載しており、歩数計やカロリー計算などの健康管理に役立つ活動計としてだけでなく、音楽再生やSNS通知、おサイフケータイにもなるエンタメ性満載のスマートウォッチです。

さまざまな専用アプリも用意されており、それらをダウンロードすることでオンリーワンの機能を持ったモデルにすることが可能です。

アディダス社とコラボモデルもあり、その場合アディダスが開発したオリジナルワークアウト「adidas Train」が入っており、動画とともにワークアウトをレクチャーしてくれます。

まとめ

今回は健康管理におすすめのスマートウォッチを紹介しました。

中国系メーカーを中心に競争が激化しているこの分野だけに、最近は5,000円以下のモデルでも多機能なものが増えてきました。

常日頃から意識することが健康管理の第一歩。スマートウォッチで常に意識すればおのずと健康意識も高まるというものです。