ガジェット

【USB接続できるサウンドカード】高機能・高コスパおすすめ10選

最近では、音楽を聴いたりゲームをする際に「重低音・音の太さ・繊細さ・奥行き・ライブの空気感」などの表現が可能な”ハイレゾ音源”が注目されたりなど、高音質な環境にこだわりを持つ人は多くいます。

品質の高いヘッドホンやイヤホンだけでは限界があり、PCで音楽やゲームを楽しみつつ、サウンドにこだわりたいのであれば「サウンドカード」は必須とも言えます。

そこで高音質な環境を整えたい方に向けて、”USB接続可能なサウンドカード”の選び方とおすすめについて紹介していきます。

サウンドカードとは

サウンドカードとは、PC内のサウンドシステムの音の「質・種類」を拡張し、高音質で立体感のある音を出力するための変換機(基盤)のことを言います。もともとPCのマザーボードにはサウンドの性能があり、ひと昔前のPCにくらべて音は確かに良くなってはいますが、PCのスペックやヘッドホンの表現可能な音というのは限界があるのです。

こうしたことからサウンドカードが必要になるのです。ヘッドホンとセットでサウンドカードを使うことで、より高音質の環境にすることができます。

それでは、もう少しサウンドカードの理解を深めるために次の項目を見ていきましょう。

サウンドカードは内蔵 or 外付け 2つのタイプがある

サウンドカードにも様々な種類のものがあり、その中でも大きく分けて2つの種類に分類することができます。

マザーボードに挿す内蔵タイプ

まず1つ目が内臓タイプ。内蔵タイプは「PC内のマザーボードに増設する」ものをいいます。ゲーミングPC内にカスタマイズするため場所に関しては邪魔にならないですが、PC内のためノイズが乗ってしまいがちなことやボリューム調整がないなどのデメリットもあります。

USBに接続するタイプ

一方で、USBに接続するタイプは内臓タイプと比べて、ノイズが入りにくく音もクリアでボリュームコントローラーがあります。こちらのUSB接続可能なタイプのデメリットは少し場所をとることです。※とはいえ、コンパクトなのでそこまで気になりません。

ではこの2つのどちらがおすすめかと言うと、後者の”USB接続可能なタイプ”です。
その理由として内臓タイプにしてしまうとゲーミングPC内に設置するので、どうしてもノイズが入ってしまいます。ノイズがクリアだと明らかに音の聞こえ方が違い、音の聞こえる”数”や”種類”が増えるのです。

あと中古品はさけるべきで、サウンドカードも利用していると熱が出でたり内臓ドライバとの互換性の関係からも最新のサウンドカードを購入しましょう。

USB接続可能なサウンドカードの選び方

USB接続可能なサウンドボードといっても種類も多くあって、値段も数千円〜数十万円などとピンキリです。

結局、何を基準に選べば良いかお伝えすると以下になります。

・SN比:80dB以上(100dB以上あればなお良し)
・サウンド機能:5.1Ch、7.1Ch

値段については30,000円を超えるものはあまりおすすめしません。なぜなら、それ以上になってしまうと職人(音楽クリエーター)レベルなのでオーバースペックになってしまいます。

とはいえ数ある中探すのは大変ですから、今回ご用意したUSB接続可能なサウンドカードのおすすめ10選を見ていきましょう。

おすすめのUSB接続可能なサウンドカード10選

ここでは、マドイム厳選10商品を羅列致しますので、サウンドカード選びのご参考にしていただければと思います。

ASTRO アストロ MixAmp Pro TR ミックスアンプ PS MAPTR

通信レベル・音質・耐久性などが高品質を誇るモデルで「サウンド」が味方になります。ASTROはeスポーツ選手とゲーム開発者の手によって開発されたこともあり、信頼度も高くPC・PS4共に楽しむことができます。イコライザ切り替えも4パターンあり、音声バランスやボリュームの調節が可能です。その他、PS4 Simでの利用はHDMIコンバーターなどが必要になります。

PHOINIKAS 外付7.1サウンドカード T-10

このサウンドカードは高品質なのにコスパも良く、接続端子も豊富で7.1Chサラウンドを実現します。低中高域音質を再現し映画・音楽・ゲームすべてのコンテンツで立体感や臨場感を味わうことができます。

クリエイティブ(Creative) Sound Blaster Play! 3 SB-PLAY3

この製品は場所を取らずコンパクトでありながらも、優れたクリアなサウンドを可能とします。さらに、ヘッドホン端子とマイク端子が搭載され、32Ωから300Ωのヘッドホン対応し、24bit/96kHzのハイレゾ再生や24bit/48kHzでのマイク入力ができます。コンパクトで手軽にPCの音の質をあげたい方は特におすすめです。

Micolindun USB サウンドカード GM-280

円形にもかかわらず端子が5ヶ所あり様々な機器に同時に接続ができ、ドライバー不要なので接続さえすればすぐに使用できます。ケーブルは長さ1.15mの長さがあるので様々な場所で利用できるようになっており、頑丈に作られているため断線せず絡まる心配もありません。ALIENWAREのようなロゴのかっこよさが魅力です。

XROUND コンパクト3Dホームシアター XPUMP XRD-XP02

スピーカーやヘッドホンに繋げることで、今までにない迫力の音をを体感できます。
XROUNDは重さ35gで小型ではありますが、中にはバッテリーが内蔵で約7時間動作します。ゲーム銃声・走る音・爆発音など音の定位感がはっきりしており、リアリティ溢れる空間に没頭すること間違いありません。

ゼンハイザーオーディオアンプ 7.1ch GSX 1200 Pro 507080

7.1チャンネルサラウンドはハイエンドの環境を可能とし、アルミ仕様のボリューム調整や、直感的なタッチ操作が可能なLEDタッチパネルは使いやすい設計です。サウンド機能を有効かした状態で複数でチャットすることが可能で遅延もありません。

ASUS Xonar U7 MKII

7.1チャンネル、192kHz/24bitでクリアなノイズを実現し相手の位置などをマッピング可能なインターフェイスを備えた「Sonic Studio Pro」に対応しているので、FPSゲームに向いています。Sonic Studioというイコライザー調節ができるソフトが備わっているので、思う存分自分にあったサウンドカスタマイズができるようになってます。

UGREEN USB オーディオ 外付けサウンドカード 30420JP

接続端子も多く3.5mmのオーディオヘッドフォーン、スピーカー、マイク、ヘッドセットのUSB接続があります。ドライバの設定をしなくても接続するだけでOKです。サウンドカード内に雑音シールドのデザインの効果によって、外部からのノイズなどの影響を受けずクリアなサウンドを体験できます。

TechRise 外付け サウンドカード 621243

設定が面倒なドライバやソフトウェアもなくすぐに利用することができます。このコンパクトさでありながら機能キーが備わっており、音量・スピーカーミュート・マイクミュートがあります。手軽な価格で機能面もという方におすすめです。

Creative Sound BlasterX G5 SBX-G5

PC・PS4両方に使えるUSB接続可能サウンドカード。S/N比120dBのDAC搭載でハイレゾオーディオ再生を可能としヘッドホンアンプ内蔵で32Ωから600Ωに対応しているので、クリアでパワフルな迫力あるサラウンドサウンドが楽しめるでしょう。「BlasterX Acoustic Engine Proソフトウェア」で特定のゲームジャンルにマッチしたオーディオ設定がはじめから用意され、もちろん自分でもカスタマイズすることもできます。こちらは、かなりおすすめしたいUSB接続可能なサウンドカードです。

まとめ

サウンドカードとヘッドセットを手にすれば、今まで体験したことのない重低音にどっぷりハマってしまうこと間違いありません。音楽・ゲーム・映画の濃密なライブ空間へ、あなたも今すぐに参加しましょう。
ぜひこの機会にUSB接続可能なサウンドカードの購入を検討してみてはいかがでしょうか。