生活雑貨

疲れ・美容に良い入浴方法は?注意点とおすすめ入浴グッズ

お風呂にゆっくりとつかると、リラックスできると同時に一日の疲れがとれますよね。
逆に面倒くさくてシャワーで済ませたときは、腰の痛みや疲れがとれずになかなか寝付けなかったりした経験はありませんか?
思い当たる人がたくさんいると思います。
そうなのです。入浴をするとしないとでは、身体への効果がかなり違います。
翌日に疲れを残っていたらいいことなんてなにもありません。
たとえ時間がなくても、最低でも10分ぐらいは湯舟につかるよう心がけると身体や生活がぐっと楽になりますよ。
では、具体的に入浴をすることでどのような効果があるのか、注意点やおすすめグッズと共にご紹介します。

入浴することで得られる3つの効果

お風呂に入るとなぜ疲れが改善されるのか、大きく分けて3つの理由があります。

①疲労回復

湯舟につかることで血流が良くなり、疲労回復や身体のコリや痛みを改善させます。
血行促進には10分以上お湯につかることが大切です。
シャワーだけで済ますと充分な血行促進ができません。新陳代謝の高まりが弱いために、疲労回復効果があまり得られず疲れが残ってしまうのです。

②むくみ改善

むくみの原因は、リンパの流れが悪くなるからです。
改善する理由はお風呂に入ることで心臓の働きが良くなり、血液やリンパの流れを促進してくれるためです。
ふくらはぎなど手でマッサージをするよりも、お風呂につかるだけでそれ以上の効果が得られます。

③リラックス効果

浮力の作用により筋肉や関節、全身の緊張が解れます。
湯舟につかっているときは普段の体重の10分の1になるので、足の悪い人がその傷みを感じることがなくなるほどリラックス効果を得ることができるのです。

入浴するのにおすすめの温度やグッズ

①入浴におすすめの温度

夏場は38℃。冬場は40℃のお湯に10~30分ほどつかるのがおすすめです。
半身浴ならば20~30分が理想の入浴時間ですが、全身浴ならば10~20分ほどがいいでしょう。
女性に人気なのは半身浴です。漫画や雑誌、お気に入りの音楽をかけながらゆっくりと入るのがスタンスになっています。

②入浴におすすめのグッズ4選

お風呂タイムを美容効果のあるグッズでよりリラックスできる空間にしちゃいましょう。
定番といえば入浴剤ですが、それよりもワンランク凝った商品をご紹介しますね。

●GAIAアロマビューティーセット

口コミでも高評価!気軽にエステ気分が味わえるセットです。
『バスソルト』『ボディーウォッシュ』『ボディーローション』がセットになっています。
まずは、バスソルトを入れた湯舟でゆっくり入浴して、ボディーウォッシュでリンパマッサージを兼ねて身体を洗ってケア、入浴後さらにしっとり肌になるボディローションを塗って完成。
バスソルトでダイエット効果も期待でき、なおかつ肌の改善にもなります。
びっくりするぐらい肌がつるすべになるので、興味がありましたら一度試してみてください。

 

 

●ジー・ファクター スパセラム

手軽に利用したい、面倒くさいのは嫌い。でも肌の改善もできたらいい。そんなわがままな人には、別名『浸かる美容液』のこちらがおすすめ。
入浴剤のように湯舟に入れるだけで、お肌が驚くほどつるつるになります。
あがった後にボディーローションを塗る必要もなし。
簡単にお肌ケアができる優れものです。

●シャリテローズバスペタル

薔薇のバブルバスを詰め込んだ入浴剤。これひとつで簡単に女性の憧れ、バラ風呂を自宅で味わうことができます。
色も定番の赤やピンク系から、グリーンやパープルなど、お好みによって選ぶことができるので何度でも楽しめます。
結婚式の引き出物や出産祝いのお返しなど、贈り物としても喜ばれること間違いなしです。
自分のバースデーや結婚記念日などで全部の色をいっぺんに使って、贅沢な空間を演出してもいいですね。
毎日楽しむというよりは、ここぞってときに楽しみたいお風呂グッズです。

●ジャグジー家庭用ジェットバス ホットスパ

簡単に泡風呂が家でできるので大人気の商品です。
工事不要なので、届いたその日から使用することが可能なのも嬉しいところ。
立ち仕事などで足が疲れる人には特におすすめ。
ジェットでマッサージができるので、足の疲れが瞬く間に改善します。
ひとりでゆっくり浸かるのもよし、お子様と一緒に楽しむのもよし、のマルチな商品です。

お風呂に入るときの注意点

熱いお風呂(42℃以上)に入るのはやめましょう。
のぼせてしまう他、心臓に負担をかけ、血圧を急上昇させることに繋がります。
急性心筋梗塞など急な病を発症しやすくなりますので、温度は40℃以下にするようにしてください。
特に冬場は、脱衣所と浴室の温度差が激しくなるので、シャワーで浴室を温めてから入るなどの工夫をするようにしましょう。
お風呂に入ったとき、身体を洗い流しますよね。その際、足、手、お腹、胸、と心臓に遠いところからかけていくと、身体への負担の軽減につながります。
ヒートショックは高齢者だけの病気ではありません。
若い人でもなりうる可能性は充分あるので、なるべく身体に負担をかけない入浴の仕方を普段から身に着けておくと安心です。

まとめ

一日に働いたり子育てをしたりすると、どっと身体が疲れますよね。
どの方法で心の疲れを癒すのか、美味しい食事だったり、お酒だったり、お風呂だったり……。人それぞれだと思いますが、これだけは間違いないことがあります。
『身体の疲れは入浴でとれる』。
疲労回復は質の良い睡眠の第一歩です。
質の良い睡眠は仕事や家事、育児の効率を上げます。
毎日生き生きと過ごせるコツは、お風呂の入り方にかかっているといっても過言ではありません。
毎日とはいかない人も、疲れているなと感じてきたら、ゆっくりとお風呂に入るように心がけてくださいね。