生活雑貨

快眠のコツは枕?熟睡するための方法や注意点、おすすめグッズをご紹介

よく眠れなかったときの朝は、身体がだるくて仕事や学校、家事をするのが面倒になってしまうことはありませんか?
寝不足は私たちの身体にさまざまな悪影響を与えます。
『良い睡眠』は生活の質を向上させるだけではなく、健康面でも良い効果が得られます。
しかし、熟睡したいけどできないという方も多いでしょう。
この記事では熟睡のコツをお伝えすると共に、人気の快眠グッズもご紹介します!

睡眠不足による3つの悪影響

睡眠不足はさまざまな悪影響を及ぼします。
その中でも代表的なものを3つ紹介しましょう。

集中力の低下

睡眠をたくさんとれないと頭がぼーっとしてしまい、普段はやらないようなミスを連発してしまいます。
仕事や受験など、人生において重要な日に睡眠不足で臨むと、集中力の低下により、覚えた単語が思い出せなかったり、商談での受け答えが上手にできないなど、さまざまなリスクが生じます。

怒りやすくなる

寝不足時は普段穏やかな人であっても、怒りっぽくイライラしがちになります。
そのため自分の言動で良好な人間関係が崩壊するなど、トラブルが起きやすくなります。
しかもストレスも増幅し、寝不足状態が続くと、自律神経失調症やうつ病のリスクが上がります。

病気の原因になる

睡眠が短いと免疫力が低下します。
風邪をひきやすくなったり、寝不足が続くと高血圧や心筋梗塞、脳卒中になる可能性が高くなっていきます。
太りやすくもなるので、糖尿病のリスクも上がります。

快眠による3つの効果

質の良い睡眠は、さまざまな効果があります。
その中でも代表的な3つを紹介しましょう。

疲労回復

よく眠ることで、身体の疲れが回復します。
疲労の蓄積は心身をネガティブ傾向へともっていきます。その果てがうつ病などの精神疾患です。
熟睡することで心身が回復し、やる気がみなぎりポジティブ思考になるのです。

美肌や美髪効果

質の良い睡眠は、肌の成長ホルモンを分泌させます。
美肌というと女性だけが嬉しいと思われがちですが、肌の綺麗な男性は魅力的ですよね。
美肌の人は、若々しくいきいきとしている印象を受けませんか?
その理由は、よく眠ることで疲労を回復し、同時に美肌ケアをしているからなのです。

パフォーマンスの向上

充分な睡眠をとった朝は、頭がすっきりしています。
身体の疲労もとれるので記憶力や注意力が戻り、車の運転に注意を払えたり、仕事や勉強、家事に挑む気持ちになります。

熟睡するための3つのコツ

質の良い睡眠を得るにはコツがあります。
これだけはやってほしいこと3つをご紹介しますね。

寝具をあったものにする

枕やマットレス、布団を自分に合ったものにすると、熟睡できるようになります。
特に枕やマットレスは重要。
このふたつが高かったり低かったりすると満足な眠りを得ることはできません。
合ったものを選ぶようにしましょう。

スマホやテレビを見ない

眠る一時間目は、スマホやテレビ、パソコンなどのデジタルな映像は見ないようにしましょう。
特にブルーライトは脳や目の刺激になってしまい、眠りにつくのが遅くなります。
どうしてもなにかしたいときは、本を読んだり、音楽を聴いたりするのがおすすめです。

寝室環境を整える

カーテンを遮音・遮光にする、アロマの加湿器をつける、室温を寒すぎず暑すぎずにするなどなど。自分がリラックスでき、熟睡できる環境を整えることが快眠へとつながります。

睡眠時の2つの注意点

眠りにつく際、注意してほしいことがあります。
やるとやらないでは眠りにつく時間の差があるので、ぜひ実践してみてくださいね。

無理に眠ろうとしない

眠くないのに無理やり眠ろうとするとなかなか寝付けない経験ありませんか?
その原因は『眠ろうと考えること』にあります。
脳が覚醒してしまい、睡眠がしにくくなるのです。
同様に、考え事をするのもNGです。
眠くなったら眠るようにするのが一番なので、睡眠前の時間を利用して身体を眠る体制へ調えるようにしましょう。

こんな症状が現れたら受診を

眠っているとき一時的に呼吸が止まることがある場合は『睡眠時無呼吸症候群』の可能性が高いです。
主に肥満体系の人がなる病気で、起きても疲れが回復しておらず、疲労感が残ります。
他の症状としては、口や喉が渇きを感じる人も。
睡眠時に呼吸が止まっていたと言われたら、なるべく早く受診をするようにしましょう。

おすすめ快眠グッズ5選

快眠グッズは世にたくさん溢れていて、いったいなにがいいのかわからない。
そんな人におすすめできる定評のある快眠グッズを5商品紹介します。

①MOGU気持ちいい抱き枕

快眠グッズとして超有名の抱き枕です。
なんとも表現できない最高に心地の良い肌触りがクセになります。

②快眠ドーム

家のベッドでもオフィスでも、どこでも快眠できると評判のグッズです。
睡眠専門医が開発に携わっているので、効果もお墨付き。
少しのあかりでも気になって眠れない人などは買って損なしの商品です。

③リピュア スリーピング

眠るだけで疲れがとれると評判の高反発マットレスです。
光電子という特殊な繊維を使用しており、自律神経を調えて安眠へと促します。

④月の休息

安眠に必要なセロトニンを手軽にとれるサプリです。

眠るのを薬には頼りたくないけれど、即効性が欲しい人に人気の商品です。

⑤整体枕

整体師がおすすめするソフトパイプタイプの枕です。

良い睡眠には寝姿勢が大切。理想の寝姿になるよう『形状』と『素材』にこだわった枕です。

まとめ

人は寝ないと生きてはいけません。
この記事をここまで読んでいただいたら、睡眠がどんなに大切なのかおわかりになられたはずです。
自分に合った快眠方法を見つけて、健康と美容によい生活を送ってくださいね。