生活雑貨

肩こり・いびきにおすすめの枕!特別人気な5商品はどれ?

毎朝、起きる度に「首が痛い」「肩こりがひどくなっている」という方も多いのではないでしょうか。疲労を取るために寝ているのに、睡眠中に体が痛くなるのは本末転倒です。その原因の大きなものは「枕」のサイズが合っていないことです。自分に適した枕を見つけただけで、いっぺんに肩こりが解消してしまった!という人も多いようです。

良い枕は高ければ高いほど良いわけではありません。安価でも自分の求めているものにジャストフィットすれば「これぞ!最高の枕」といえる逸品に出会うことができます。是非、今回の記事を参考にしていただきたいですね!

睡眠の質は枕に依存している

自分に合う枕を使っていなければ、睡眠の質が良くなるわけはありません。意識して枕を選んで来なかった人は、枕がへたってしまっていたり、つぶれていたりするかもしれません。もう何年も枕を変えていないという人もいるかもしれませんね。

枕にほどよい高さや固さが無いと、頭の重みを支えることができません。頭が下に落ちてしまうと、血液は頭に集まってしまい、寝起きはぼんやりした不愉快なものになりがちです。その逆に頭が上がりすぎてしまうと、頭を支えるために首の筋肉が緊張してバリバリの肩こりで朝を迎えます。

朝、起きたときの気分があまり良くない人や、肩こりや首の痛みに悩まされている人は「枕が合っていない可能性」を考えてみて下さい。自分にとっての適度な固さ、高さ、大きさがそろっている枕。また、ある程度使っても、簡単には劣化しない品質を持つ枕を見つける必要があるのです。

枕が自分の体に合っていないサインとは?

枕が自分に合っていないサインは体の感覚で分かります。わかりやすいのは肩こり、首の痛みですが、合っていない枕は他にも多くの症状の原因になっている場合があります。枕が高いと首を圧迫して内部の神経の流れを悪くするため、頭痛、めまい、手のしびれなどの症状が体に出ることがあります。また、体に合っていない枕から逃れようと「寝相の悪さ」に出ることもあるようです。

これは改善してから分かることですが、うつ病のような症状や不安感も、自分に適した枕を見つけることで無くなってしまう人もいるようです。メンタルの問題の多くが、睡眠の不具合から発生することを考えると、不思議ではありませんね。

体感の他にも、朝起きたときに「頭が枕から外れていたり」(枕が高すぎて不快だということを表す)、「枕の下に腕をはさんでいたり」(枕の高さが低いのでなんとか自分で上げようとしていることを表す)する人は枕が合っていない可能性が高いのです。無意識のうちに、体が楽な姿勢を取ろうとするサインを見逃さないようにしてください。なかなか、自分では分からないことも多いので、寝ている時の姿勢や寝返りなどを、家族に教えてもらうのも一つの方法です。

玄関マットを利用した手作り枕?ベストな枕を自作!

自分に合う枕は値段ではありません。どれだけ高価な枕でも、オーダー枕でも数週間寝てみると、体に合わないものは合わないのが現実。それなら、自分で枕を作ってみようという提案があります。整形外科医の「山田朱織」氏の提唱する「玄関マット枕」です。なんと、玄関マットを利用して、バスタオルを組み合わせて適度な高さ・広さを実現した枕を作ってしまうのです。

玄関マットに寝るという発想が、なんとなく抵抗もありますが、バスタオルを何枚も重ねることでちょうど良い高さにすることができ、なおかつ寝返りを自在に打つことができる枕を作れるのです。手作りで根気よくマイ枕を作るのもおすすめですが、さすがにちょっと手間がかかるのも事実。本当に心地よい睡眠を得られるなら、枕への投資は全く惜しくはありませんね。では、ここからは肩こりに悩む人向けのおすすめ枕をご紹介します。

肩こりに悩む人向け枕(まくら)おすすめ5選

MyeFoam 新世代 低反発枕

独特な形状をしていますが、中央部分が凹んでいるために、頭部をしっかりと支えることができます。頸椎への負担を和らげ、寝起きに首が痛かったり、肩こりを感じないように、頭部・頸部の重圧を分散することができます。ちょうど寝ている姿勢が、人体の持つ自然なカーブになる枕なので、寝るのが楽なのです。通販で売っている枕と比べると、安価なほうですが十分の品質があり、バカ売れしている肩こりに悩む人向けの枕です。

IKSTAR 低反発まくら

肩こりや首の痛み、寝起きの頭痛などを持つ方の痛み改善に効果がある低反発枕です。真ん中が凹んでおり、頭と首をしっかりサポートします。横向き寝でも、仰向け寝でも、首や肩が痛くならない枕です。人間工学を駆使し、寝ているときの体にピッタリフィットするように作られています。最初は固いと感じるかもしれませんが、そのうち慣れてきます。やがて、朝の肩こりを感じなくなることでしょう!この値段なら、一度チャレンジしても惜しくは無いですね。

YOKONE 「YOKONE3」横向き寝専用枕

「YOKONE3」は横向き寝をする人のための専用枕です。特に、いびきがひどい人や、睡眠時無呼吸症候群の人は、横向きで寝ると気道が塞がりづらく楽に寝られることが知られています。しかし、普通の枕で横向きで寝ると、腕がしびれてしまったり、逆に肩がこってしまうものです。このYOKONE3を使用すると、腕を支えるスペースもあり、横向き寝でも体に全く負担が無い睡眠を楽しむことができます。大きな枕ですが、普段、いびきに悩まされている方などには特におすすめの商品です。

ショップジャパン トゥルースリーパー セブンスピローシングル (低反発枕)

CMなどでもおなじみの高品質枕「トゥルースリーパー」です。頭から肩・背中・腕までをしっかりカバーする大きな枕です。睡眠時に体の重みがかかる7つの部位をフォローできるのが強みです。低反発の素材を使用しており、寝返りを打ったり、体温に応じて枕の形が変化するため、様々な年齢層・体格の人でも、寝心地が良いものとなっています。最初は「大きすぎる~」と感じるかもしれませんが、そのうち、この枕でなければ満足できない体になること請け合いです。

テクノジェルピロー アナトミックモデル

高反発でも、低反発でも無い特殊な寝心地を実現した「テクノジェルピロー」です。元々、ドイツの医療メーカーが床ずれに悩む患者のために開発した素材を元に作られています。頭の形や回転に、とことんついてくる枕です。長年使用しても、へたれが少なく長持ちします。サイズは身長に応じて7、9、11、13が用意されています。身長が低めの女性から、180cm以上の大きな男性にも対応できる枕です。それほど安くはありませんが、毎日使う物、しかも長持ちするものと考えるとおすすめできる商品です。

まとめ

朝、起きたときに「今日は、よく寝た~。あ~すっきり!」と体を伸ばせる快感は、なにものにも代えがたいです。朝、起きる度に首をひねって、肩こりを感じて起きる不快感を是非解決して下さい。自分に合う枕を見つけられると、毎日が必ずハッピーになります。今日、紹介した気持ち良く寝るためのノウハウや、おすすめ枕を試してみてくださいね!