生活雑貨

赤ちゃんにとって良い歯固めとは?時期と衛生面を確認。

赤ちゃんの最初のオモチャともいえる歯固め。

歯固めは、歯が生え始めるときのムズムズとした不快感を解消したり、歯の成長をサポートしたりするなどの重要な役割があります。

ですが、色々な歯固めがあって、どのようなものが良いか迷ってしまうことも少なくありません。特に初めての子育てだとなおさらですね。今回は、歯固めを選ぶ際のポイントや注意点についてご紹介していきたいと思います。また、実際に子育てを経験した視点から、おすすめの歯固めについてもご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

赤ちゃんの成長をサポートする歯固めとは

赤ちゃんの歯固めには色々な効果があります。噛んだり舐めたりするだけですが、赤ちゃんにとっては大きな刺激となっているんですよ!

まず、歯・顎まわりの成長の発達を促すことにつながっていきます。そして、カミカミ・もぐもぐすることで、自分で食事をする練習になりますので、離乳食の進みにも良い影響が出てきます。もぐもぐ噛むというのは、自然にできることではなく練習することが大切なようで、大人からすると全く分からない視点といえるでしょう。

他にも赤ちゃんの五感を刺激する、たくさんの仕掛けがついた歯固めが色々と出ています。赤ちゃんが楽しんで使えるぴったりの歯固めを選んであげてくださいね。

歯固めはいつからいつまで必要?

歯が生え始める生後半年から

歯固めは、下の歯が顔を出す生後半年ほどから必要となってきます。歯の生え始めは個人差がありますが、歯が生えてくるときはムズムズとして、とても不快感があるようです。歯固めは、そんな歯の不快感を解消する効果があるんですよ。

急によだれが増えてきたり、自分の指を噛んでいるようなことがあったりしたら歯固めを与えてみましょう。

1歳以降は歯固めへの興味が薄れてきます

1歳を過ぎてくると自然と歯固めを卒業するようになってくることが多いです。

なかには、歯固めを離さない場合もあるようですが、無理に取り上げる必要はありません。1歳以降は、しっかり歯が生えそろって、離乳食も完了の時期に入ってきます。

そのため、顎の力もついて歯固めへの興味が薄れていくようですよ。ラトルやガラガラとしても遊べる機能がついている歯固めだと、カミカミを卒業した後にもオモチャとして長く使ってもらえることが期待できるでしょう。

歯固めを選ぶときのポイント

歯固めの素材は安心&安全なものを

歯固めを選ぶ際に必ず素材をチェックすることが重要です。注意が必要なのは「塩化ビニール」という素材で、赤ちゃんの健康に影響するフタル酸エステルというものが含まれているとのことです。

安心&安全に使える素材としておすすめなのは、木製のものや天然ゴム、お米、食用塗料のものなどがあげられます。天然素材にこだわった色々な歯固めが増えていますので、安心&安全に使えるかどうかという視点で選んでみてくださいね。

丸洗いや消毒できるか?歯固めの衛生面が保てるか確認

赤ちゃんが口に入れて使うものなので、丸洗いできるものや消毒できるものを選ぶと安心です。デザインが凝っていて凸凹がたくさんある歯固めなどは、細かい溝や隙間に汚れがたまりやすくなってしまいますので注意が必要です。

常に清潔を保って、衛生的に使いたいものですね。素材によって洗えるか消毒できるかどうかが変わってきますので、はじめによく確認するようにしてください。

赤ちゃんの歯固めのおすすめ5選

キリンのソフィ

https://item.rakuten.co.jp/babygift/1516817/
天然ゴムでできているキリン型の歯固めです。食用の塗料を使用しているので、赤ちゃんがなめても安心&安全なようになっています。おなかを押すとキューキューと音がなるので、赤ちゃんが夢中になること間違いなしですよ。

Sassy(サッシー) バンブル・バイツ・ファン

https://item.rakuten.co.jp/orange-baby/000618/
カラフルなみつばちの歯固めです。4種類の違う感触を楽しむことができるので、飽きずに遊ぶことができそうです。一つの羽には水が入っていますので、冷蔵庫に入れておくとひんやりとした感触も感じることができます。

歯固めジュエリー Teething Bling

https://item.rakuten.co.jp/baby-street/201s40204-2/
ペンダント型のオシャレな歯固めです。ママの首にかけていられるので落とす心配がありません。煮沸消毒や消毒液での消毒が可能なので安心して管理することができるでしょう。外出するときの抱っこで持っているととても便利です。

Munch Mitt(マンチ・ミット)

https://item.rakuten.co.jp/baby-street/201s51126-1/
歯固めを持つことができなくても使えるミトン型の歯固めです。すっぽりと手にはめてしまうので、指しゃぶりで指が荒れてしまったという赤ちゃんにもぴったり!カシャカシャと赤ちゃんの好きな音が鳴ります。洗濯機で洗えるので手軽に扱うことができるでしょう。

銀河工房 おしゃぶり おむすびころりん

https://item.rakuten.co.jp/good-toy/e-020/
ブナの木でできている歯固めで、表面はヨーロッパの安全基準をクリアしているオイルで仕上げられています。お名前を印字してもらえるサービスがあり、記念になると好評のようですよ。赤ちゃんの手にちょうど良い大きさで、遊んでいるうちに自然と口にもっていくようになります。

親子で楽しめるお気に入りの歯固めを

1歳くらいまでは、とにかく口に物を入れてカミカミしていることが多いので、場面に合わせて歯固めを複数用意しておいてあげると良いと思います。

可愛い歯固めが色々とあるので迷ってしまいますね!赤ちゃんが気に入ってるかどうかはもちろん大切ですが、パパやママが気に入ったものを選んであげても良いでしょう。

また、赤ちゃんが歯固めをカミカミしている姿は一時のものなので、たくさん写真を撮っておくことをおすすめします。